• 活動報告

龍谷大学シンポジウム-日本料理の新しい味を探る-

最終更新日:2017年2月20日 タグ:,

龍谷大学シンポジウム平成29年年2月18日、ANAクラウンプラザホテル(京都市)にて、龍谷大学食と農の総合研究所付属「食の嗜好研究センター」、日本料理アカデミー、日本料理ラボラトリー研究会主催による、龍谷大学シンポジウムを開催いたしました。

今回のテーマは「日本料理の新しい味を探る」
京都の有名料亭の料理人にフランス料理のシェフが加わり、研究者と共に、鰹や昆布を使わないだし、「日本料理」としてのラーメンスープを探り出し、発表を行いました。

第1部は料理人と研究者によるディスカッション、第2部では料理人自ら開発した「日本料理」としてのラーメンスープが披露されました。ビーツに味噌を合わせたスープや鮒寿司の汁+リコッタチーズのスープなど、参加者約380名に「新しい味」をラーメンとしてご堪能いただきました。

今回も農学部食品栄養学科の学生たちが本シンポジウムをサポートしてくださいました。ありがとうございました!
龍谷大学シンポジウム
日本料理大全の宣伝もしっかりさせていただきました!!

 

 

 

 

<研究者> ※五十音順
川崎寛也氏(味の素株式会社)、伏木亨氏(龍谷大学農学部)、山崎英恵氏(龍谷大学農学部)
<料理人>※五十音順
栗栖正博氏(たん熊北店)、才木充氏(京料理直心房さいき)、佐竹洋治氏(竹茂楼)、下口英樹氏(平等院表参道竹林)
宗川裕志氏(京都調理師専門学校)、高橋拓児氏(木乃婦)、高橋義弘氏(瓢亭)、中村元計氏(相伝京の味なかむら)
村田吉弘氏(菊乃井)、吉田修久氏(京料理修伯)

龍谷大学サイト→ http://www.ryukoku.ac.jp/shoku_sympo/