1. TOP
  2. 応募要項・エントリー

応募要項・エントリーエントリーはこちら

第7回日本料理コンペティションのテーマは「食の華やぎ」。[華やぎ]をどの様に考え、表現するか、これが今回のテーマだ。 では、[華やぎ]とはどのような事を言うのだろう。 我々はこころに届く仕事だと考えている。 味・香り・姿・歯触り・彩りは肉体の五感に働きかける。料理が最初から持っている要素でもある。 [華やぎ]はこれらのバランスから生まれる。料理人の主観、即ち「思い込み」と客観、即ち「冷静」の塩梅で食べ手のこころを動かすことができる仕事だ。 よりハードルの高い料理を目指す時、[華やぎ]という壁が待っている。料理人が一度は挑戦しなければならない[華やぎ]から逃げずに、自分なりに考え、表現して欲しい。 考える料理人への登竜門である。

よくあるお問合わせはこちら

応募資格

・調理師免許取得者※で、且つ調理経験年数5年以上の料理人。国籍・年齢不問
   ※ 海外在住の方は、調理師免許は不要

・国内6ヶ所及び世界4ヶ所で実施されるいずれかの予選大会に参加できる方
・過去の参加者・優勝者も参加可

賞の種類

予選大会、京都決勝大会における各賞には、賞状、メダルの他、副賞として味の素株式会社よりUMAMI賞(賞金)が贈られます。

【京都決勝大会】優勝:100万円/2位:30万円/3位:10万円

【予選大会】優勝:5万円/2位:3万円/3位:2万円

課題

書類審査

課題
テーマにふさわしい、料理の創造
テーマ
「食の華やぎ」
調理作品
3品(焚物、焼物、揚物など)
※「第7回日本料理コンペティション大会規程(PDF)」をご参照ください。
食材原価
4名分 8,000円以内
提出物
レシピ用紙、完成料理写真(1品につき1枚、計3枚)
審査方法
各会場審査員による書類審査。
※エントリー数により各会場の予選大会進出者は変動します。

予選大会

課題
本大会のテーマに準じた、3品(焚物、焼物、揚物など)の献立を考案し、当日提示される食材から調理するブラックボックス形式。
調理作品
各献立、4名分を調理して仕上げる。料理は銘々に盛る。
食材等
食材、食器は予選大会会場で準備されたものを使用する。
審査方法
各会場査員による作業審査および外観試食審査。
※予選大会進出者数により、各決勝進出者数は変動します。

京都決勝大会

課題
本大会のテーマに準じた松花堂縁高弁当を、当日提示された食材より考案するブラックボックス形式。(弁当の仕切りは外さず使用すること。中の器の使用は自由)
調理作品
各献立、4名分を調理して仕上げる。料理は銘々に盛る。
食材等
食材、食器は決勝大会会場で準備されたものを使用する。
審査方法
決勝審査員による作業審査、外観審査および試食審査

↑このページのトップへ

よくあるお問合わせはこちら

大会日程および会場

書類(レシピ)提出によるエントリー締切
2019年5月31日(金)
書類審査発表
7月下旬頃 メールおよび本サイトにて発表
予選大会(ブラックボックス形式の実技審査)
北海道会場
光塩学園調理製菓専門学校 2019年8月2日(金)
新潟会場
新潟調理師専門学校 8月21日(水)
東京会場
服部栄養専門学校 2019年10月6日(日)
静岡会場
東海調理製菓専門学校 2019年9月21日(土)
大阪会場
辻調理師専門学校 2019年8月1日(木)
福岡会場
中村調理製菓専門学校 2019年8月27日(火)
韓国会場
ナカムラアカデミー 2019年9月23日(月)
北米会場
Institute of Culinary Education 2020年1月13日(月)
欧州会場
Waitrose Cookery School Finchley Road 2020年1月17日(金)
予選大会 結果発表  大会当日
京都決勝大会(ブラックボックス形式の実技審査)
京都調理師専門学校 2020年3月8日(日)
表彰式 京都決勝大会結果発表
決勝大会終了後

↑このページのトップへ

応募フロー

1.レシピ用紙の準備
下部の 「用紙ダウンロード」より、レシピ用紙のひな型、ダウンロード(入力する場合はWordのデータをご使用ください)し、上記「書類審査」に基づいて考案したレシピの内容を入力、もしくは印刷をして記入してください。記入される際、枠に納まらない場合は複数枚を印刷してご対応ください。
※レシピの記入方法は、「記入例をダウンロード(PDF)」をダウンロードし、参考にしてください。
2.完成料理写真の準備
レシピに基づいて作成した料理の写真(3品、それぞれ別に撮影したもの、計3枚)を撮影し、データとして保存してください。 データサイズが大きい場合、送信に時間がかかる場合があります。また、小さ過ぎる場合は鮮明に出力できないのでご注意 ください。郵送の場合は撮影した写真をプリントアウトしてください。
3.エントリー
下記よりエントリーをしてください。(スマートフォン、パソコン、タブレットいずれも可)
必要項目を入力、確認する ⇒ 4.レシピ用紙・料理写真の提出へ
※エントリー後、エントリーNo.及びID・パスワードが発行されるので、あとでレシピ用紙等を送信する場合はメモを とってください。(エントリーNo.及びID・パスワードは念のため、ご登録のメールアドレスへ送信されます。)
4.レシピ用紙・料理写真の提出
エントリー後、下記いずれかの方法でレシピ用紙及びレシピに基づいて作成した料理の写真を提出してください。
レシピ・写真送信フォームにて提出
WEBでエントリー

用紙ダウンロード

提出書類資料
レシピ用紙
Word PDF  ]
レシピ記入例
PDF  ]
リーフレット
PDF ]
応募フロー
PDF ]
よくあるお問合わせはこちら

お問合せ先

特定非営利活動法人日本料理アカデミー事務局 (平日10時〜18時)

〒604-8187  京都市中京区東洞院通御池下ル笹屋町436番地
永和御池ビル305号室 TEL.075-241-4163 FAX.075-241-4168
E-mail. office@culinary-academy.jp  URL. https://culinary-academy.jp

  • ※提出された献立、レシピは他の料理コンクール、コンテスト等で未使用のものに限ります。
  • ※提出された献立、完成料理写真は予選での当選落選にかかわらず返却しません。
  • ※提出された献立が予選に当選した場合、レシピ等の版権は自動的に日本料理アカデミーに帰属するものといたします。
  • ※エントリー時に入力した選手の氏名、住所等、個人情報にかかわる事項についてはこれを保護し、他の目的の為に再利用することはありません。
  • ※本大会で撮影した写真や動画を、コンペティション公式サイトや広報物にて使用させていただくことがございます。ご了承ください。

↑このページのトップへ