• 活動報告

京都・和食の祭典2017開催いたしました!

最終更新日:2017年3月23日 タグ:, ,

京都・和食の祭典平成29年3月5日、京都市東山区の建仁寺にて、「京都・和食の祭典2017」を開催いたしました。今回で3回目の開催となる本イベントは、第1回目は約3,500人、第2回目が約5,000人、そして今年は8,000人お越しいただきました。
毎年好評いただいております、京の有名料亭による合作特別点心は今年も大人気で、早い方は当日朝7時30分からお並びいただき、12時過ぎには400食が完売となりました。今年は菊乃井・たん熊北店・魚三楼・天き(「き」喜の草書体「七」3つ)による<梅の宴>、瓢亭・美濃吉本店竹茂楼・山ばな平八茶屋・美山荘による<桜の宴>が提供されました。
また、和食料理人による大根炊き、粕汁の販売も行われ、開場から売り切れるまで、常に100人程度の行列が途切れることなく、13時過ぎには完売いたしました。
提供店舗は下記のとおりです。(提供順)
大根炊き:たん熊北店、祇園さゝ木、天㐂、瓢亭
粕汁:魚三楼、美濃吉本店竹茂楼、萬重、菊乃井

 

京都・和食の祭典お茶の京都ブースでは京・宇治 抹茶料理 辰巳屋より、「宇治の茶飯重」を販売いただきました。一緒に販売された「抹茶チーズケーキ」も大変好評でした。

また、有名料亭が持ち寄った「ほんまもんの出汁の試飲」コーナーでは、それぞれの出汁を無料で試飲していただきました。熱心に味比べをし、写真を撮っておられる方もおられ、長蛇の列でしたが、大変ご好評いただいておりました。
今年のお出汁は、魚三楼、菊乃井、木乃婦、さいき、たん熊北店、なかむら、萬重、山ばな平八茶屋(五十音順)の8店舗、こちらも行列が絶えることなく、お昼頃には終了となりました。

京都・和食の祭典

 

物産販売においては、今回は日本料理アカデミー会員の10店舗より、商品提供いただき、日本料理アカデミーブースを設け、多くの方々にご購入いただきました。
物産販売出展者名、販売品(一例)は下記のとおり。(五十音順)
いもぼう平野家本家(いもぼうる)
魚三楼(ごま豆腐)
菊乃井(湯葉にゅうめん、しお柚子)
京・宇治 抹茶料理 辰巳屋(ちりめん茶昆布)
京都吉兆(豚角煮、さば味噌煮)
京料理 藤や(ちりめん山椒)
祗園 むら田(生麩しぐれ煮)
たん熊北店(だし)
三嶋亭(牛肉しぐれ煮)
湯波吉(ゆば)

今年もたくさんの方々に和食文化の魅力を感じ、味わい、体験していただきました。

京都・和食の祭典サイトはこちら

 

 

 

 

 

  • LINE日本料理アカデミー公式アカウント友だち追加

    日本料理アカデミーLINE公式アカウント日本料理アカデミーinstagram公式アカウント日本料理アカデミーYouTube公式アカウント

  • Instagram公式アカウント

  • 日本料理大賞2022-2023

    日本料理大賞2022-2023

  • 日本料理アカデミー検定協会

    一般社団法人日本料理アカデミー検定協会

  • eラーニング

    eラーニング

  • 日本料理大全

    日本料理大全

  • 特定伝統料理海外普及事業

    特定伝統料理海外普及事業

  • 大阪ガスハグミュージアム

    大阪ガスハグミュージアム

  • 関西食文化研究会

    関西食文化研究会

  • facebookページ

    facebookページ